2017.9.22

最年少組

みんな大好ききらきら公園!

 

先日の敬老参観では、沢山のご来園ありがとうございました。保護者の皆さまと楽しい時間を過ごせ沢山の可愛い笑顔があふれる子ども達でした。さて、吹く風の涼しさに秋を感じる季節がやってきました。暑い夏を乗り切り更に元気一杯の子ども達!夏休み明け泣いていた子、入園したばかりで泣いていた子もすぐに泣き止み落ち着いて過ごせるようになりました。又、身支度の準備なども自分の力で少しずつ出来るようにもなりました。戸外遊びの楽しみでもあるきらきら公園!コスモス組さんの大好きな遊び場です!給食を食べ終わる頃には「今日はきらきら行くの?」「きらきらで遊びたいな!」と、遊びに行くことを楽しみしています。きらきら公園での遊びを通して、遊具や玩具を正しく大切に使うことを知りながら、自分の好きな遊びを見つけ十分に楽しむ中で、友だちと遊ぶ楽しさを味わったり、少しずつ遊びの幅を広げ工夫して遊びを楽しめるように子ども達と過ごしています。これからも戸外遊びを通して、沢山の経験を重ね楽しく過ごしていきたいと思います。

年少組

自分でできるよ!お弁当包み!

 

先日の敬老参観ではお忙しい中ご参加くださりありがとうございました。「おじいちゃま~♪おばあちゃま~♪」大好きなおじいちゃまおばあちゃまに歌や写真立てをプレゼントして感謝の気持ちを伝えることができた子どもたち。触れ合い遊びを通して笑顔溢れる楽しい時間を過ごすことができました。2学期が始まり1ヶ月が経ち、新しいことに積極的に挑戦する姿も増え、ますます大きく成長している年少組。遊びに学びに毎日元気いっぱいフルパワーで過ごしています。功緻力向上のため取り組んでいるお弁当包みや巾着の紐結びでは、みんな一生懸命に行う姿が見られます。最初は結ぶのが難しかった子も友だち同士教え合ったり、毎日諦めずに取り組むことで1人で結べるようになってきています。科学遊びでは、水のりを使って物の落ちるスピードを比べたり、年中組と一緒に片栗粉を使ってダイラタンシーという現象を楽しみました。片栗粉に水を加えて触ってみると・・・片栗粉が硬くなったりトロトロになったり、不思議な感触に驚く子どもたち。「うわー!気持ちい!」「握ったら硬くなったー!」とみんな興味津々な様子で科学遊びに夢中です。そして食育活動を通して旬の食材を学び、みんなの知っている秋の食べ物を話し合ったり、「いただきます」という言葉の意味を考え、自然の恵みに感謝の気持ちを持つことができました。食べ物だけではなく草木や虫など様々な季節の移り変わりを体いっぱいに感じていってほしいと思います。

年中組

秋はいいな♪きれいだな♪

 

先日はお忙しい中、敬老参観にご参加くださりありがとうございました。子ども達も一緒に楽しい時間過ごすことが出来とても嬉しそうでした。昔遊びでは「あやとり」と「アルプス一万尺」を行いました。初めてのあやとりでは、紐をゆびにかけたり、外したりすることが難しく、悔しい顔をする子ども達。でもそこで、諦めない年中組!朝の自由あそびでは積極的にあやとりで遊ぶ姿がみられました。できた時には、「すごい!ほうきができた」「一人でできたー!」と満面の笑みをみせてくれました。お友達同士で教えあい、まるで小さな先生のようで、微笑ましかったです。またひとつ、子ども達にとって楽しい遊びが増えました。製作では、お月見の絵をつくりました。手で月の形にを切る工程が難しかったようで、苦戦しながらも指先をうまく使いながら丸の形が崩れないように真剣な顔で取り組む姿には凛々しさを感じました。スタンピングではうさぎの形を型を取った後、「うさぎだ~!」ととても喜んでいました。最後に好きな形に切った折り紙を貼り、きれいな月の輝きを表現することができ、個性あふれる作品になりました。2学期になり、一回りもふた回りも成長した姿を見せてくれています。初めてのことでも、難しいことでもいつでも諦めない気持ちをもって取り組む子ども達は、とても頼もしくなってきました。これからもたくさんの事に挑戦していき、子ども達の「できた!」という喜びを一緒に感じていきたいと思います。

年長組

秋を探そう

 

敬老参観ではお忙しい中ご来園くださりありがとうございました。おちゃらかほいやぴったんこゲームをして触れ合い、子どもたちの溢れんばかりの笑顔と楽しそうな声から楽しい時間を過ごすことができたのだと感じました。子どもたちは、季節が秋になり葉っぱが赤色や黄色に色づき始めるようになってきたことで、季節の移り変わりを感じているようです。絵画では、「秋の森」をイメージし真っ白な画用紙に、赤や黄、茶色の絵の具を塗りました。赤と黄色を混ぜると橙色に変化する様子や、「紅葉やイチョウもあるよね!どんぐりは?!」「木も描こう!」と自分で考えて主体的に取り組む子どもたちは、自由に表現することをとても楽しんでいました。次は、落ち葉や木の実などを貼って秋の森を完成させたいと思います。外あそびでは、野球や鬼ごっこ、きらきら公園で思い思いに好きな遊びを楽しむ子どもたちですが、中でも野球は、自分たちでチーム分け、ルール、応援を決めて遊んでいます。ホームランやヒットが飛び出すと喜んで「上手だね」と言い合ったり、打てなかった時には「次!次!」と励ましあったり、自由あそびを通して思いやる心も育まれているようです。まるで野球選手のようなバットの構えやボールの投げ方で白熱した戦いを繰り広げています。これからも色んなあそびをみんなで楽しみたいと思います。