2017.11.24

最年少組

一緒に遊ぶの楽しいね!

 

 吐く息がだんだんと白くなり、冬の訪れを感じる頃となりました。子どもたちは、寒さをふきとばすかのように元気いっぱい戸外遊びを楽しんでいます。みんなの大好きなきらきら公園では、砂場で友だちと一緒に大きなお山を作ったり、砂を食べ物に見立ててお店やさんごっこをしたり、スクーターや三輪車の乗り物を順番に交代したりと少しずつ友だちとのやりとりも増えてきました。新しいお友だちも、少しずつ園生活に慣れてきてブロックや粘土遊びなど好きな遊びを見つけて遊んだり友だちや教諭との関わりを楽しんだりして笑顔もたくさん見られるようになりました。絵本や手遊びが始まると、集中してよく見たり聞いたりしている姿が見られ、中でも、だるまさんの絵本が始まるとみんなで絵と一緒に身体を揺らしたりだるまさんと同じポーズをして楽しんでいます。身支度では、自分でしたい気持ちが強くなってきて、ジャケットのボタンを閉めることに苦戦しながらも「自分でする!」と意欲的に取り組み、出来ると「できたよ!」と達成感を感じ、自信に繋がっています。ひとりひとりのペースに合わせて無理のないよう出来た喜びを感じていきたいです。朝晩の冷え込みも強くなり、体調を崩しやすい時期ですが体調管理に気をつけて来月も楽しく過ごしてまいりたいと思います。(鍵 愛美)

年少組

どんぐりころころ♬

 

冷たい風が吹き、朝晩はぐっと冷え込むようになりました。木々の葉が表情を変え、木の実や落ち葉がたくさん落ちています。みんなで近くの公園まで歩いて行った時には、紅葉した公園の木々や落ち葉を見て子どもたちは大興奮。「葉っぱの色が変わってるね!」「緑じゃない!赤だよー!」「拾った葉っぱを幼稚園に持って帰りたいなあ」と葉の色を教えてくれたり、夢中になって色とりどりの落ち葉を拾ったりと、寒さに負けず全身で自然の変化を楽しんでいる子どもたちです。また、読書の秋でもあるように、幼稚園では毎朝の読書活動として読みたい絵本を自分で選んで絵本に親しんだり、図書館訪問ではたくさんの絵本に目を輝かせ、心静かに絵本の読み聞かせに参加してお話の世界を楽しみました。読んだ絵本は「せんせい」「じゃぐちをあけると」「くまのコールテンくん」の3冊です。ぜひご家庭でも親子で読書を楽しんでみて下さい。12月には友だちとたくさん関わって遊ぶ楽しさを味わえるような集団遊びや、発表会に向けてみんなでイメージを共有しながら表現活動を楽しめるように取り組んでいきたいと思います。年少組みんなで発表会頑張るぞ!(道下 唯)

年中組

ぼくらは宇宙の探検隊♪

 

先日は秋の展覧会にご来園くださりありがとうございました。子どもたちは保護者のみなさまと宇宙空間への旅を一緒に行くことが出来とても喜んでいました。帰ってきた子どもたちは、「お母さんと万華鏡みたよ!綺麗だった~」「ロケットに乗れた!」などたくさんお話ししてくれました。みんなんで1つのもを創り上げることで達成感を味わえたように感じます。また、お正月に向けて年賀状製作を行いました。年賀状を送る意味や干支について学んだ子どもたちは、年賀状製作にやる気満々で取り組みました。好きな絵を自分で選び、それぞれ梅や門松、富士山をステンシルで表現しました。型を取ると「お~上手にできた!」「早く、送りたいな~」と嬉しそうにし、年賀状を送ることをとても楽しみにしている様子です。生活の時間や、毎日の昼食後の時間ではリボン結びに取り組んでいます。最後に紐を通すところが難しく、初めは苦戦している子も多かったですが、出来るようになると達成感でニコニコ笑顔♪できるようになった子は、小さな先生になり「うさぎのみみを作って、、、くるっとまわして、、、」など教えている姿はとても微笑ましかったです。最近では、お友だちに教えてあげる優しい姿がたくさん見られるようになりました。お友だちの分からないことを教えてあげたり、「こっちだよ」と手を引いて輪に入れてあげている優しい子ども達。その素直で優しい心をこれからも見守っていきたいと思います。(海老原 萌)

年長組

お料理トントントン♪

 

舞い散る枯葉や冷たい風に本格的な冬の訪れを感じるこの頃。北風に負けず毎日元気に外に飛び出し遊んでいる子どもたちです。11月は楽しみにしていたエコ・クッキングがありました。事前の食育活動で、様々な野菜の旬の時期や断面図を学んだり、キュウリやオクラを包丁で切る練習をしたりしました。大根や白菜の旬が冬だと知ると、「あっ!お鍋に入れるもんね」「家で食べるよ!」と、実際の生活に繋げている子どもたちでした。オクラを切ると、「星の形だ!おもしろいね」と驚きながら新たな発見ができたようです。自分たちで切ったキュウリとオクラを昼食で食べた時には、切った断面図や表面、形をじっくりと観察している姿がありました。エコ・クッキング当日は、自分でハンバーグをこねたり、片付けまでみんなで協力して行い、貴重な経験となりました。食材を無駄なく使い、生ごみをあまり出さないことや水を大切にするというエコの意味も知ることができました。食にも興味を持った子どもたちは、ご家庭でもますますお手伝いをしてくれることでしょう!冬の製作では、年賀状を作りました。ステンシルで、門松や富士山、梅の花を表現し素敵な年賀状ができました。お家に届くのを楽しみにしていてください。(吉田美沙)

2017.10.25

最年少組

体育ローテーション頑張っています☆

 

 朝晩と冷え込みを感じる季節になり、紅葉も綺麗に色付き見頃を迎える時期になりますね。そんな中でも、いつでも明るく元気なコスモス組さん!朝や帰りの身支度を自分の力で最後までスムーズに行えるようになり、日々の成長を感じられます。1つ1つ最後まで丁寧行えるよう、今後も見守っていきたいと思います。9月の後半より始まった「体育ローテーション」跳び箱、鉄棒、平均台等々、様々な運動器具に親しみながら、身体を動かし楽しく参加するコスモス組さんです!跳び箱は、基本となる助走、手の置き方、終わった後のポーズを中心に、頑張っている真っ最中です。鉄棒は、ぶら下がり5秒から足掛け回りへとステップアップをしながら挑戦しています。平均台は、バランスを保ち、最後まで落ちないように慎重に慎重に歩く子ども達!集中して渡る表情に「頑張れ!」と、心で応援をしつつ、一緒に頑張っています。体育ローテーションでは、身体を動かす楽しさ、喜びを感じながら、色々な種目へ興味や関心を持ち「やってみたい」の気持ちをもてるよう、そして出来ない事でも最後まで諦めずに取り組めるような根気強さ等々、体力面や精神面の成長に繋がる活動になるので、これからも楽しく参加できるように取り組んでいきたいと思います。(八木美輝)

年少組

みんなで遊ぶと楽しいね!

 

気持ちの良い秋晴れの下、伸び伸びと身体を動かすことを楽しんでいる子どもたち。ますます秋の深まりを感じられる季節となりました。最近では、友だちとなわを使って電車ごっこをしたり手を繋いで輪になって歌ったり笑いあったりして一緒に遊ぶ楽しさを味わっています。積み木遊びでは、チームで重ねていって競いあったり、みんなで大きな山を作ったりしてみんなの力を合わせて協力する姿も見られます。何日も前から「もうすぐ遠足!」と待ち遠しい様子で迎えた森林遠足では、行きのバスでみんなで歌を歌ったり窓から見える景色を見たりして遠足に胸を弾ませていました。昆虫館では、ヘラクレスオオカブトやナナフシなど珍しい昆虫を見たり、パピヨンドームで沢山の蝶を近くで観察することが出来ました。「◯◯色の蝶がいたよ。」と言い合い美しさを感じたようです。みんなでシートを広げて楽しくお弁当を食べた後は、大きな滑り台やアスレチックで遊んだり、紅葉した落ち葉を拾って「とんぼと同じ色をしているよ!」「綺麗な色だね!」と小さな秋を見つけることが出来ました。拾った葉っぱは、園に持ち帰って秋の絵に遠足の思い出として貼り付けました。英語参観の際には、ぜひご覧ください。朝晩と冷え込む時期となりますが、体調に気をつけて元気に登園してきてください。(鍵 愛美)

年中組

紅葉の葉っぱも真っ赤だな♪

 

朝夕は次第に肌寒く感じるようになり、だんだんと冬の気配を感じてきました。そんな寒さに負ず子どもたちは毎日元気いっぱいに過ごしています。今月は、待ちに待った遠足に行きました。昆虫館をとても楽しみにしてた子どもたちは、たくさんの昆虫と触れ合い笑顔いっぱい!最初は昆虫を触るのが怖いという子も「小さいのは可愛くて触れたよ!」「僕は全部触った!」などと教えてくれました。昆虫館の方の質問に対して、それぞれ自分で考え堂々と発表ができ、とても充実した時間を過ごせました。小雨で遊具であそびことはできませんでしたが、テラスでレクリエーションをしたり、みんでレインコートを着て帰ったりといつもとは違った体験を楽しみました。その後、森林公園で拾った落ち葉と割り箸を組み合わせた立体製作を行いました。スペースシャトルをテーマに自由に組み立て、落ち葉を貼りました。自由に表現する楽しさを感じられとても素敵な作品が出来上がっています♪ホームルームの時間には、カプラでみんなで力を合わせてタワーの完成!どれだけ高くできるか協力し合い完成した時にはみんなで喜び合いました。少しずつみんなと協力したり、助け合う気持ちが大きくなっている姿に、より一層たくましさを感じています。(秋本真央)

年長組

1人でできるよ!

 

園庭を通り抜ける風が冷たくなり、子どもたちの「寒い~!」という声を耳にするようになりました。冬の訪れとともに小学校へ向けての本格的な準備を始める時期が来たことを感じます。今月は、登校時の傘の扱い方を練習しました。「くるくるするのが難しい!」と、手を何度もくるくる回しながら奮闘する子どもたち。歩く時には、前が見えるように傘を持つことを伝えるために、それとは反対の見本をみせました。すると、人とぶつかってしまい怪我をしてしまうことが学べ、「ちゃんと前を見なきゃ!」など意見が飛び交いました。園庭で傘を持っての歩行練習も、人とぶつからないように慎重に歩く姿が凛々しく感じられました。雨の日でも、1人で傘を使って小学校にいけるようにと真剣に取り組む様子が伺え、また一つ小学生に近づいた様に感じました。積み木活動は終盤です。数が多く奥行きも想像しながら行いながら、「できた!」「これは一つ後ろじゃない?」「え?そっか!」と楽しんで取り組んでいる様子に、思わず私たちも笑みがこぼれました。何事にも諦めず最後までやり遂げる強い心をこれからも持ち続けて欲しいと思います。(佐々木美菜)

2017.9.22

最年少組

みんな大好ききらきら公園!

 

先日の敬老参観では、沢山のご来園ありがとうございました。保護者の皆さまと楽しい時間を過ごせ沢山の可愛い笑顔があふれる子ども達でした。さて、吹く風の涼しさに秋を感じる季節がやってきました。暑い夏を乗り切り更に元気一杯の子ども達!夏休み明け泣いていた子、入園したばかりで泣いていた子もすぐに泣き止み落ち着いて過ごせるようになりました。又、身支度の準備なども自分の力で少しずつ出来るようにもなりました。戸外遊びの楽しみでもあるきらきら公園!コスモス組さんの大好きな遊び場です!給食を食べ終わる頃には「今日はきらきら行くの?」「きらきらで遊びたいな!」と、遊びに行くことを楽しみしています。きらきら公園での遊びを通して、遊具や玩具を正しく大切に使うことを知りながら、自分の好きな遊びを見つけ十分に楽しむ中で、友だちと遊ぶ楽しさを味わったり、少しずつ遊びの幅を広げ工夫して遊びを楽しめるように子ども達と過ごしています。これからも戸外遊びを通して、沢山の経験を重ね楽しく過ごしていきたいと思います。

年少組

自分でできるよ!お弁当包み!

 

先日の敬老参観ではお忙しい中ご参加くださりありがとうございました。「おじいちゃま~♪おばあちゃま~♪」大好きなおじいちゃまおばあちゃまに歌や写真立てをプレゼントして感謝の気持ちを伝えることができた子どもたち。触れ合い遊びを通して笑顔溢れる楽しい時間を過ごすことができました。2学期が始まり1ヶ月が経ち、新しいことに積極的に挑戦する姿も増え、ますます大きく成長している年少組。遊びに学びに毎日元気いっぱいフルパワーで過ごしています。功緻力向上のため取り組んでいるお弁当包みや巾着の紐結びでは、みんな一生懸命に行う姿が見られます。最初は結ぶのが難しかった子も友だち同士教え合ったり、毎日諦めずに取り組むことで1人で結べるようになってきています。科学遊びでは、水のりを使って物の落ちるスピードを比べたり、年中組と一緒に片栗粉を使ってダイラタンシーという現象を楽しみました。片栗粉に水を加えて触ってみると・・・片栗粉が硬くなったりトロトロになったり、不思議な感触に驚く子どもたち。「うわー!気持ちい!」「握ったら硬くなったー!」とみんな興味津々な様子で科学遊びに夢中です。そして食育活動を通して旬の食材を学び、みんなの知っている秋の食べ物を話し合ったり、「いただきます」という言葉の意味を考え、自然の恵みに感謝の気持ちを持つことができました。食べ物だけではなく草木や虫など様々な季節の移り変わりを体いっぱいに感じていってほしいと思います。(道下 唯)

年中組

秋はいいな♪きれいだな♪

 

先日はお忙しい中、敬老参観にご参加くださりありがとうございました。子ども達も一緒に楽しい時間過ごすことが出来とても嬉しそうでした。昔遊びでは「あやとり」と「アルプス一万尺」を行いました。初めてのあやとりでは、紐をゆびにかけたり、外したりすることが難しく、悔しい顔をする子ども達。でもそこで、諦めない年中組!朝の自由あそびでは積極的にあやとりで遊ぶ姿がみられました。できた時には、「すごい!ほうきができた」「一人でできたー!」と満面の笑みをみせてくれました。お友達同士で教えあい、まるで小さな先生のようで、微笑ましかったです。またひとつ、子ども達にとって楽しい遊びが増えました。製作では、お月見の絵をつくりました。手で月の形にを切る工程が難しかったようで、苦戦しながらも指先をうまく使いながら丸の形が崩れないように真剣な顔で取り組む姿には凛々しさを感じました。スタンピングではうさぎの形を型を取った後、「うさぎだ~!」ととても喜んでいました。最後に好きな形に切った折り紙を貼り、きれいな月の輝きを表現することができ、個性あふれる作品になりました。2学期になり、一回りもふた回りも成長した姿を見せてくれています。初めてのことでも、難しいことでもいつでも諦めない気持ちをもって取り組む子ども達は、とても頼もしくなってきました。これからもたくさんの事に挑戦していき、子ども達の「できた!」という喜びを一緒に感じていきたいと思います。(海老原萌)

年長組

秋を探そう

 

敬老参観ではお忙しい中ご来園くださりありがとうございました。おちゃらかほいやぴったんこゲームをして触れ合い、子どもたちの溢れんばかりの笑顔と楽しそうな声から楽しい時間を過ごすことができたのだと感じました。子どもたちは、季節が秋になり葉っぱが赤色や黄色に色づき始めるようになってきたことで、季節の移り変わりを感じているようです。絵画では、「秋の森」をイメージし真っ白な画用紙に、赤や黄、茶色の絵の具を塗りました。赤と黄色を混ぜると橙色に変化する様子や、「紅葉やイチョウもあるよね!どんぐりは?!」「木も描こう!」と自分で考えて主体的に取り組む子どもたちは、自由に表現することをとても楽しんでいました。次は、落ち葉や木の実などを貼って秋の森を完成させたいと思います。外あそびでは、野球や鬼ごっこ、きらきら公園で思い思いに好きな遊びを楽しむ子どもたちですが、中でも野球は、自分たちでチーム分け、ルール、応援を決めて遊んでいます。ホームランやヒットが飛び出すと喜んで「上手だね」と言い合ったり、打てなかった時には「次!次!」と励ましあったり、自由あそびを通して思いやる心も育まれているようです。まるで野球選手のようなバットの構えやボールの投げ方で白熱した戦いを繰り広げています。これからも色んなあそびをみんなで楽しみたいと思います。(吉田美沙)

2017.7.21

年少組

おばけなんてなーいさっ♪

 

先日の音楽鑑賞会では、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。1学期の音楽活動の成果を保護者の方々に見ていただくことが出来、子どもたちも大きな自信に繋がったようです。鍵盤ハーモニカは、初めはうまく指を動かしたり音を押しながら吹くことに苦戦しながらも毎日少しずつ練習していき、みんなで演奏する楽しさを感じながら取り組むことが出来ました。夏まつりのお買い物では実際に自分のお財布からお金を出してお買い物をしました。「かき氷ください!」「30円です!」と、物の買い方やお金の大切さを知り、友だちと一緒に屋台をまわることを楽しんだ子どもたち。この経験を通して日常の中でも、様々なことに興味や関心を持って欲しいと思います。 1学期は、沢山のご理解とご協力を頂き感謝申し上げます。この数ヶ月の間で、子どもたちは様々な面で本当にたくましく成長しました。夏休みの間は、ご家族一緒に過ごし、親子で十分触れ合い、たくさんの思い出ができることを願っています。健康で安全に過ごされ2学期に全員元気で会えることを楽しみにしています。

年中組

こんなに大きくなりました!!

 

夏の暑さも厳しくなってまいりました。7月は待ちに待った夏まつり!前日から「明日は浴衣きるんだよね!」「かわいいの買ったんだよ」と待ちきれない様子でした。そして当日。素敵な浴衣姿にみんなの顔はキラキラです。お店屋さんでは自分の役割を最後まで頑張りました。「いらっしゃい!いらっしゃいー!!」と元気よく声をかけ、お金の計算も自分たちで考えながら行いました。売切れた時には「やったー♪」と大喜びです。お買い物では、自分で買いたい物を選び、おこずかいの中でどのように買い物をするか考えることができ、とても楽しい時間を過ごせたようでした。また、平和学習を行い、昔広島でどんなことが起こったのか知り、みんなで平和ってどんなことだろうと考えました。「お友だちに優しくする」「ケンカをしない」などいろいろな意見が出てきました。その後、遊びの中でシャボン玉やカプラを行った時、以前よりも譲り合う気持ちや仲間と過ごす楽しさをより感じているようで、平和について子ども達なりに考え行動している姿に大きく成長したのだと感じました。1学期には、たくさんの素敵な思い出を仲間と共有でき、有意義な毎日を送ることができました。保護者の皆様にはたくさんのご理解、ご協力を承りましてありがとうございました。2学期には、元気いっぱい!笑顔いっぱい!で、一回り成長した子ども達に会えることを楽しみに待っています。

年長組

平和を願いながら

 

日に日に暑さが増し本格的な夏を迎えました。「せみが鳴いてる!」「ほんとだ!」季節の移り変わりを生き物で感じそれを友だちと共感する姿は微笑ましい限りです。7月7日の夏まつりの日を待ち望んでいた子どもたち。店長を中心に、みんなで完売を目指し「いらっしゃいませ!」と威勢のいい呼び込み誘われ買い物に来てくれた年少組に、「60円わかる?」「どのお面がいい?」と優しく声をかけ丁寧に教えてあげていました。グループ内でも「商品あげてね!」「おつり渡してくれた?」と確認し合いながらそれぞれの役目を果たしていました。完売したお店は「やったー!」と喜びを互いに分かち合い、仲間と協力することの楽しさを味わったようです。また、平和学習として、年中組と鶴を折りました。「ここは、三角を開くんよ」と教える表情は嬉しさと自信に溢れ、年長組らしい一面がうかがえました。平和の歌『ヒロシマの有る国で』の歌詞の意味を真剣な表情で聞き、恐ろしい戦争を想像して涙してしまう子も。普段とは違う空気が子どもたちを包みました。今、ヒロシマの有る町に住む私たちができること、各々が感じたことを歌声に乗せて、平和への願いを込める姿にたくましさと思いやりの心が見えました。この経験を通して育んだ気持ちを、大人になっても忘れずにいてもらえることが私たちの願いです。夏休みは怪我なく元気に過ごし、また2学期に会えるのを教諭一同楽しみにしています。