2017.7.21

年少組

おばけなんてなーいさっ♪

 

先日の音楽鑑賞会では、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。1学期の音楽活動の成果を保護者の方々に見ていただくことが出来、子どもたちも大きな自信に繋がったようです。鍵盤ハーモニカは、初めはうまく指を動かしたり音を押しながら吹くことに苦戦しながらも毎日少しずつ練習していき、みんなで演奏する楽しさを感じながら取り組むことが出来ました。夏まつりのお買い物では実際に自分のお財布からお金を出してお買い物をしました。「かき氷ください!」「30円です!」と、物の買い方やお金の大切さを知り、友だちと一緒に屋台をまわることを楽しんだ子どもたち。この経験を通して日常の中でも、様々なことに興味や関心を持って欲しいと思います。 1学期は、沢山のご理解とご協力を頂き感謝申し上げます。この数ヶ月の間で、子どもたちは様々な面で本当にたくましく成長しました。夏休みの間は、ご家族一緒に過ごし、親子で十分触れ合い、たくさんの思い出ができることを願っています。健康で安全に過ごされ2学期に全員元気で会えることを楽しみにしています。

年中組

こんなに大きくなりました!!

 

夏の暑さも厳しくなってまいりました。7月は待ちに待った夏まつり!前日から「明日は浴衣きるんだよね!」「かわいいの買ったんだよ」と待ちきれない様子でした。そして当日。素敵な浴衣姿にみんなの顔はキラキラです。お店屋さんでは自分の役割を最後まで頑張りました。「いらっしゃい!いらっしゃいー!!」と元気よく声をかけ、お金の計算も自分たちで考えながら行いました。売切れた時には「やったー♪」と大喜びです。お買い物では、自分で買いたい物を選び、おこずかいの中でどのように買い物をするか考えることができ、とても楽しい時間を過ごせたようでした。また、平和学習を行い、昔広島でどんなことが起こったのか知り、みんなで平和ってどんなことだろうと考えました。「お友だちに優しくする」「ケンカをしない」などいろいろな意見が出てきました。その後、遊びの中でシャボン玉やカプラを行った時、以前よりも譲り合う気持ちや仲間と過ごす楽しさをより感じているようで、平和について子ども達なりに考え行動している姿に大きく成長したのだと感じました。1学期には、たくさんの素敵な思い出を仲間と共有でき、有意義な毎日を送ることができました。保護者の皆様にはたくさんのご理解、ご協力を承りましてありがとうございました。2学期には、元気いっぱい!笑顔いっぱい!で、一回り成長した子ども達に会えることを楽しみに待っています。

年長組

平和を願いながら

 

日に日に暑さが増し本格的な夏を迎えました。「せみが鳴いてる!」「ほんとだ!」季節の移り変わりを生き物で感じそれを友だちと共感する姿は微笑ましい限りです。7月7日の夏まつりの日を待ち望んでいた子どもたち。店長を中心に、みんなで完売を目指し「いらっしゃいませ!」と威勢のいい呼び込み誘われ買い物に来てくれた年少組に、「60円わかる?」「どのお面がいい?」と優しく声をかけ丁寧に教えてあげていました。グループ内でも「商品あげてね!」「おつり渡してくれた?」と確認し合いながらそれぞれの役目を果たしていました。完売したお店は「やったー!」と喜びを互いに分かち合い、仲間と協力することの楽しさを味わったようです。また、平和学習として、年中組と鶴を折りました。「ここは、三角を開くんよ」と教える表情は嬉しさと自信に溢れ、年長組らしい一面がうかがえました。平和の歌『ヒロシマの有る国で』の歌詞の意味を真剣な表情で聞き、恐ろしい戦争を想像して涙してしまう子も。普段とは違う空気が子どもたちを包みました。今、ヒロシマの有る町に住む私たちができること、各々が感じたことを歌声に乗せて、平和への願いを込める姿にたくましさと思いやりの心が見えました。この経験を通して育んだ気持ちを、大人になっても忘れずにいてもらえることが私たちの願いです。夏休みは怪我なく元気に過ごし、また2学期に会えるのを教諭一同楽しみにしています。